2019年

10月

29日

ハロウィンのかぼちゃ

すっかり10月も終わってしまいますね

10月は大きな台風も来て、それ以外でも雨がたくさん降りました

そんなこんなで気付けばハロウィンももうすぐです

ハナツユも今年はかわいいカボチャが焼きあがりました♪

2019年

10月

15日

釉薬の掛け分け

ストライプの素敵なマグカップが出来上がりました♪

素焼きの素地に透明釉をズブ掛けして、その上から撥水剤でストライプ線を描きます。

撥水剤をしっかり乾かしてから、それぞれの飴釉やルリ釉をズブ掛けします。

釉薬を掛け分けすることによって、絵具で描くのとは違う仕上がりになります。

2019年

9月

19日

ご夫婦コラボ

コーヒー豆を入れるキャニスターとコーヒー文様のマグカップが焼きあがりました♬

キャニスターはお父さんが、マグカップはお母さんが作りました。

娘さん2人とご家族4人でいつも楽しく教室に通ってくださっています

2019年

9月

07日

マグカップ

会員さんが少ないときは一緒に制作しています。

今日はマグカップを電動ろくろで削っています

17個できました♪

下の写真は取っ手も付けて、乾燥中の様子です これから素焼きになります。

少し大きめのカップはたくさん飲みたい人へお勧めです

さて、何色にしようかな?やっぱり白にしようかな?

 

2019年

9月

06日

ムーミンとムーミン 

ムーミン2つ焼きあがりました♪

なんだかキョトンとした表情で、とても可愛いです

ムーミンの前はスヌーピーでした、次はプーさんかな?ドラえもんかな?

手づくりのキャラクターものは愛嬌があって和みますね💕

2019年

8月

08日

最近の焼きあがり作品

オリベ釉の面取りのコップはいろいろと使えそうです。

お茶、コーヒーはもちろん、焼酎のロックや蕎麦猪口として

存在感のあるカップです♬

 

小皿とくるみボタンは線象嵌という技法で、とても細い線が特徴です。

涼しげな青系のタイダイ柄の髪留めはこの季節に活躍しそうですね!

2019年

8月

03日

鎬の片口

鎬とは作品を削って鎬文をつける装飾技法です。

作品の表面に削って凹凸をつけることで、

白一色の作品でも陰影の文様ができます。

お料理映えしますね♩

2019年

6月

26日

金繕い

ハナツユ会員さんが教室で制作した器が割れてしまったので、

簡単な金繕いをしました。時間をかけて丁寧に制作したものは簡単には捨てられないですね。

本格的な金繕いではないですが、また割れてしまったり欠けてしまったものが違った形ではあっても、復元されると嬉しいですね♪

2019年

5月

19日

かわいい小さな土鍋

手の中に収まる小さい土鍋です。

目玉焼きやちょっとした煮込み料理にいいですね♪ 食卓のアクセントになります!

ご夫婦でひとつつずつ制作しました。

ちょっと形が違うのがほっこりします。

 

2019年

4月

27日

急須に挑戦!

素敵な急須が焼きあがってきました!

急須は本体、蓋、口、取っ手と部品がたくさんあって大変です。

月1回コースの会員さんだと出来上がりまでに4ヶ月くらいかかりますが、

出来上がったときは大きな達成感があります♪

 

2019年

4月

26日

手作りの贈りもの 素敵です♪

色違いのりんごの絵付けのペアお茶碗といっちん文様のマグカップが出来上がりました。

どちらも贈りものに心を込めて制作されていました!

お茶碗はりんごの輪郭をぼやかして優しい雰囲気に仕上げています。

いっちんのマグカップは全体に透明釉を施したあと、内側の白く残したい部分には

撥水剤を塗ってから瑠璃釉をズブ掛けして、内側と外側の色を変えています。

とても上品に仕上がりました。

プレゼントする日が待ち遠しいですね♪

2019年

4月

19日

耐熱土を使って

耐熱土を使って一人用土鍋を作りました♪

制作途中で蒸せる穴あきのお皿も作って、ちょっとしたものを蒸せるようにしようと

思い立ってワクワクしてきました!

湯豆腐や煮込みのハンバーグなど、一人用にちょうどいいです

素焼き前、削り、部品付け完了!

蒸し皿穴あけ完了!

2019年

4月

14日

工房の小さい庭のびわの木

陶芸教室ハナツユになる前からびわの木が小さな庭にありました。

ハナツユ工房になってから6年目の今年はびわの実がたくさんになりそうです!

花も咲かず、ただただ大きくなっていくばかりでしたが、一昨年初めて6粒の実を収穫しました。そして昨年は一度休憩して、今年はたくさんの花が咲き、実をつけています♪

そんなびわのことを思いお皿を作りました。

しつこいですが、このびわのお皿に夏に収穫できるであろう庭のびわの実を盛り付けるのが

今から楽しみです🎶

2019年

4月

11日

普段使いに大活躍間違いなし!

お魚の骨模様のオーバル皿、鉄絵が渋いお茶碗、貫入がいい感じの四角小鉢など

食卓にあったらほっこりしますね♪

2019年

4月

09日

装飾は楽しい♪

装飾が楽しく素敵なマグカップが焼きあがりました♪

素焼きの素地に撥水剤で土味を残したいところに塗っていきます。

撥水剤がしっかり乾いたらチタンマット釉を全体に施釉します。

撥水剤を塗ったところは釉薬がつかないので土味が出ます。

そして幾何学の面白い模様が出来ます!

2019年

3月

27日

ペアマグカップ

会員さんコメント

「玄関に置いてあった先生のサンプル作品を見て、

『わ〜!かわいい!!私も作りた〜い♡』と思い挑戦してみました。

年末に入籍した息子夫婦にプレゼントする予定です。

気に入ってくれるかなあ...。」

 

という思いで制作された会員さんの作品です。

手作りのお祝いのプレゼント素敵ですね。

蓋つきの大きなマグカップは紅茶のティーパックを蒸らすときに蓋をしたり、

使い終わったティーパックを置いたり、お菓子を載せたりといろいろ便利です。

 

 

2019年

3月

21日

縄文土器ついに!

昨年の夏に東京国立博物館で開催された「JOMON」展を見に行った会員さんが、

縄文土器に魅せられて、作り始めた作品がついに焼きあがりました!

模様のつけ方など試行錯誤しながら、ああでもないこうでもないと全く模様が進まない日もありました。でも、粘り強く一回の受講にちょっとずつ模様を施しながら頑張りました。

焼成はさや鉢の中で炭化焼成をして還元雰囲気が素敵な作品に焼き上がりました。

作品からは時間をかけて少しずつ丁寧に制作されたものの強さを感じます。

 

 

2019年

1月

25日

木炭炭化

ハナツユの窯は酸化焼成のみになるので、

還元や炭化の雰囲気を楽しみたいときは、サヤ鉢に作品と木炭を入れて一緒に焼き上げます。

木炭から出る炭素がサヤ鉢に充満して還元作用を起こします。

さらに、冷却中も炭素が豊富に残っていると炭化焼成になって、作品がグレイッシュに仕上がります。

今回は赤土で作った作品は、より濃い赤みの土肌になり、透明釉は青くなりました。

野の花が似合いそうな力強い花器が焼きあがりました!

干支のイノシシも強還元で強そうになりました。

 

2018年

10月

24日

ハナツユ5周年です!

ハナツユも今年の10月17日で5周年を迎えました!

本当にあっという間の5年でした。

この5年 会員さん、体験さんなどたくさんの方にハナツユを利用していただき、

また、これからもハナツユを続けられることにとても感謝しています。

 

釉薬掛けをする奥のスペースにちょっとしたギャラリーを作りました。

知り合いの作家さんの作品を飾ったり、好きな本を飾ったり、

少しづつですが、教室の中が良くなるように改善していきたいです🎵

2018年

10月

14日

トゲトゲしています!

植木鉢を制作しています。トゲトゲを1つづつくっ付けています。

う〜ん神経を使いますね。。 集中しています!

この植木鉢には蘇鉄を植えるそうです🎵